『ザ・コンサルタント』ネタばれ感想

{D51A390F-A7F0-44B9-AEC0-48D84F06D07B}

ザ・コンサルタント

原題:The Accountant
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ビル・ドゥビューク
出演:ベン・アフレック、アナ・ケンドリック、J・K・シモンズ
予告編はこちら↓
ちなみに米版予告編はこちら↓

かなり受ける印象が違いますね

日本版は『自閉症天才数学オタクの暗殺者の謎』がテーマになってるのに対し、米版はむしろ主人公の過去をベースとした予告編って感じで、僕は日本版の方が好きです(´∀`)

まあ好みの話なんですけど、予告編を観たときに『よし観に行くか!』ってなるのは日本版なんですよね。米版はちょっと重くてDVDでいいかな~って思っちゃうかな~。どのみちベンアフなので観に行ったけどね

〈ざっくり感想〉

いい意味で予告編に裏切られました。予告編観たときなんかもう、『え?自閉症数学オタク系アサシンストーリー?( ´Д`)y━・~~

終わったろこれ、要素詰めすぎ自滅おじさんだろこれ。伏線回収ってなに?(*゚∀゚*)みたいな感じになっちゃうイタイ映画爆誕か‥』って思ってましたからもうおじさん心配だったんだけど、いざ観てみるとベンアフの演技の上手さに乗ってきた重厚なストーリーの右ストレートで、いらぬ心配でしたね( ´∀`)

若干冗長な部分が否めない感じだったのでちょっとそこが残念かな。というわけで

85点

☆これ以下はネタバレのオンパレードです!観た人orこんな映画は観ないって人はどうぞ☆
〈詳しい感想とあらすじ〉
{FB38A3A6-712E-43D7-9461-C4D7F1CAA25C}

なんかおじさんが銃持って頑張ってる最初のこのシーンは後に繋がってくるシーンです。後の映像先に見せるこの技法はフラッシュフォワードっていうらしいですよ(^з^)-☆上級者()は『ほう‥フラッシュフォワードか‥』ってな感じで観てるわけですな。

{EBBAA4F3-D8A4-4150-AB64-015D06847E5B}

んでクリスチャンの幼少期の話がちょろっと流れーの パズルを終わらせないとバンバン!!o(`ω´ )o

{23206DD3-B3B3-43A8-BD9D-B4FB51DB9C53}

あのスパイダーマンの新聞社編集長のご登場で、ストーリーがちょこちょこ進む。やや冗長ぎみなのでポップコーンが進む。

それにしても、うーむ‥いまいち全編通してこの子の存在意義が分からんかったのです( ´Д`)y━・~~と小声で言っときます

{4E634A38-56BE-4937-B720-AC78B229E665}

そーしてベンアフ登場。the company trackのところがなぜかツボに入り爆笑↓

{A0E53D5A-C7E8-404D-9079-135C0050E452}

こんな感じに大笑いしてるのは劇場で僕だけだったので恥ずかしかったですほんと。(笑うポイントが爆発的に人と違います。)

{7EC5F350-3C7B-4A00-8487-CB4547679F76}

なんやかんやあって会計士のお仕事スタート。

デイナ『何か手伝えることはある?』

クリスチャン(ベンアフ)『ない。自分でやる』

デイナ『oh‥えとドーナツ食べたかったら言ってね!』

クリスチャン『ドーナツタベナイ。』

デイナ『oh‥分かった1人でやりたいのね。』

クリスチャン『Yes, thank you!!

これも個人的にツボに入って笑いました。依然と笑ってるのは僕だけでしたが、でも他者を拒絶するところが自閉症らしくていいですね。

{A8A58CB6-5600-4F62-AA4F-503BD52F4A9F}

でまあ、その後も色々あってバトルシーンに突入。僕がとにかく評価したいのがクリスチャンの戦い方で、ちゃんとトドメを刺すんですよ!頭に二発打つ。仕事人としてはこれ当然なんですけどね、最近の映画はこれが守られていなくて毎回心の中で『トドメヲサシナサイ!!』って思ってます。※中でもひどいのはバイオハザードです。毎回トドメを刺してないわけではないのですが、ときどき油断してるのか『まあこんなもんやろっ( ´∀`)』ってカッコつけてその場を立ち去る。それでやられる。アホか!ゾンビなんだから1番トドメ刺さなきゃだめな相手でしょ!!

 
{C7138B63-E9FF-42A5-A82B-9197EB2661CC}

さらになんやかんやあって女の子を守るために15人くらいを相手に無双。そしたら敵のリーダーが弟だったという( ´∀`)ワオ

さらに電話の謎の女の正体が明らかになったり、最初のシーンの意味が分かったり、と繋がる繋がる。正直こんだけの伏線やら謎を放置したらマザーテレサでも舌打ちしちゃうと思うので、ちゃんと回収されてて安心しました。

最後トラックを運転しているクリスチャンが微笑むところgoodです。プラダを着た悪魔の微笑むミランダを思い出しました↓

{CE9FFCF7-E61F-4F74-B564-EA0270A4050E}

今思えば冗長な部分があったからこそ、敵の親玉が弟だった!みたいなohフィクション的な展開も受け入れられたというか、ただのアクションムービーにされなくて良かった‥

〈言いたいこと〉
今回の映画ではほとんどヒロインの出番は無かったので大丈夫なんですが、もう僕はガンアクション系のマッチョ主人公がかよわい女の子を連れながら闘う系映画に飽きてるわけです( ´∀`)
{08805EC3-3DCE-4A56-A970-0DF224851CDA}

ほんまこんな感じで、連れて行く人がガチムチのゲイだとか、ものすごく強いおばあちゃんだとか、新しいジャンルを築いて欲しいわけですよ。これからに期待です。

〈最後に〉
普通にオススメの映画です。多少の経験値が必要な感じもしますが、ベンアフの演技は際立ってるし、最後にちゃんとスッキリするので洗練された映画ですよね(*´-`)犬のポーカーの絵の下にポロックを隠して送ったのも、あれはクリスチャンが自閉症を患っていながらもデイナの言う”本音”を理解したっていうことの暗示らしいですね。うーむ深い!ちなみにカップルで観に来てた人はいなかったです笑
次回はドクターストレンジかXメンアポカリプスを紹介していきたいです。

{27991FE7-3773-43D7-B6AB-AA8382ED9584}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です