『X-MENアポカリプス』にツッコミを容赦なく入れていく

{41241E66-ED8C-4C78-9728-017D832317B5}

 

X-MEN: アポカリプス
監督・製作・原案 ブライアン・シンガー
出演 ジェームズ・マカボイ、マイケル・ファスベンダー、ジェニファー・ローレンス、オスカー・アイザック、ニコラス・ホルト、ローズ・バーン、エバン・ピーターズ、タイ・シェリダン、ソフィー・ターナー、オリビア・マン、コディ・スミット=マクフィー、アレクサンドラ・シップ、ルーカス・ティル、ジョシュ・ヘルマン、ベン・ハーディ、ラナ・コンドール、トーマス・レマルキス、ヒュー・ジャックマン
予告編です↓
米国のTrailerはこちら↓

今回は似たような感じですね。
公開順序と時系列が一致しない映画の代名詞ともいえるXMenですが、おじいちゃんの方のプロフェッサー(ジェームズ)の世代の方々はもう流石に歳なので、最近は若い頃の話を映画にしてますね。設定上一番歳を取っちゃいけないローガンが老け始めているので、XMenシリーズはそろそろ終わっちゃうのかなぁ‥と思うと好きな作品なだけあって、ちょっとセンチメンタルな気分になります(T ^ T)
しかし!そんなセンチメンタルな気分も吹っ飛ばしてくれるような作品がこちら!X-MEN: アポカリプスでございます。
それでは見ていきましょう。
(ちなみにアポカリプスは黙示録って意味ですよ☆)
 
〈ざっくり感想〉
先の文章からも伝わってるかとは思いますが実は僕xmenシリーズが大好きでございましてですね‥もちろん単純に超能力とかアクションとかが好きだからっていう理由もあるんですが、一番の理由はXmenのツッコミどころ満載なところなんです!(失礼)

いやなんでそこ一列横隊で行くねん!作戦立ててから攻めろよ!とか、相手にマグニートーいるの分かってんだろ!考えろよ!とか、スコット死んだのに誰も特に大したコメントなしかい!とか、細かいところは気にすんな!的なメッセージを感じさせるXmen、ほんとに大好きです。

今回の作品も裏切られることはなく、最高のTP(ツッコミポイント)を提供してくれました( ^ω^ )

{D843BC66-C914-4F51-9249-CAB64ED8D2CA}

しかしそこが魅力的なわけです。というわけで86点(前作は越えられなかったかな)

〈良かったところ〉

ツッコミに入る前に一呼吸置いて、良かった点をちょっと見ていきたいです。

①スケールの大きさ

{907C05A7-EED1-42B8-96F4-81F8CA8A5246}

敵対する相手が神というだけあって戦いの規模がかつてないほどに大きいです。中でもエンサバヌール様が世界中の核爆弾を宇宙にまで持っていっちゃうシーンは度肝を抜かれてポップコーン落としました。あと、核爆弾を無くしてくれるエンサバヌール様は結構良い人なんじゃね( ´∀`)って思いました。

ノーモースーパーパワーズ!!\\\٩(๑`^´๑)۶////
 
 
 
②クイックシルバーのシーン増量

前作(フューチャー&パスト)でのクイックシルバーの超高速シーンがやっぱり人気だったみたいですね。
特に弾丸クイってやるとこ可愛いですよね(´∀`)
あと、

いくら本人が速く動けても周りがほぼ止まって見えるのはまた別の能力じゃね?とかあんな速さで動いたら他の人無事に済まなくね?とか色々ツッコミたいところはあるんですが、なによりタランティーノ映画並みに曲のセンスが最高です。フューチャー&パストのときとはまた違った感じで良いですよねぇ‥うん乾杯。

{34A50CBB-20AB-486C-BBE0-3340B819552B}
個人的にはこのスパイダーマンに同じ音楽を被せたこいつも好きです↓

 
 
 
③キャラクター大集合!!
シリーズ9作目とだけあって今までのキャラクターがわんさか出てきます。ジャスティスリーグより人数多いんじゃね?ってくらいスーパーパワーを持ったミュータント達の運動会の開催です。
何かと毎回蔑ろにされてるスコット(サイクロプス)君は最近ドラゴンボールでいうヤムチャみたいな立ち位置になってきてる気がして可哀想だなぁ‥って思ってたところでしたが、今作ではしっかり活躍してましたよ!!よく頑張った!!
それにちゃんとミスティークの出番もあったし、相変わらずマグニートーがオビト並みに可哀想で見てらんないし、エンジェル絶妙に弱いし、そして最後はジーンの覚醒でフィニッシュだし。ほんとエンサバヌール様もまさかジーンが本当は自分より(多分)強いって思わなかったでしょうね‥。
ジーン最終形態↓
{1D43600A-3C07-49E9-B870-708FFDC50E7C}

怖すぎます‥

あと他にも色んな人出てましたよ!(雑)
《ツッコミポイント》
さてそろそろ本題に入りましょう。
xmenには数々のツッコミみたくなるポイントが毎度必ずありまして、そいつらをちょっと列挙していきますね。
 
 
 
 
①エンサバ社長のリクルート
{AFE1535A-A7FF-4E5D-A52B-E077AAD2CA07}

エンサバ社長が古代より蘇り、世界各地のエリートをリクルートしていく‥‥就職氷河期に表れた神のような社長‥しかし部下の信頼を得られなかった社長はそのポストを奪われてしまった!!

っていう話なんです本当は。
なんか壮大なスケールと映像美にやられて『凄い映画観た‥』ってなっちゃうとこなんですけど本当はただの超能力系リクルートストーリーなんですよね。
それでも面白いのは流石です。
 
 
②プロフェッサー拡声器説
エンサバ社長が自ら乗り込み、プロフェッサーを拉致します。そのとき『やばい!プロフェッサーの能力を使われたら全人類が危険に晒される!!』って思った自分がアホでした。
{4ACECBDF-4133-4668-943B-23FAF360DABD}

プロフェッサーを通して全人類に演説するだけです‥‥。

 
プロフェッサーただの拡声器かよ!!


 
『いや自分もうちょっと使い道ありますよ‥』ってプロフェッサーも思ったことでしょう。
うーむ、ここは上映中全力で謎だった。
もっと他にも沢山ツッコミどころはあるんですが冗長になってきたので、また次の機会があればどこかでお話ししたいと思います。
それでは‥
〈まとめ〉
シリーズ9作目だから初心者の人はどうあがいても観れない‥実はそうでもない!
過去にxmen1つも観てなくても楽しめる作りになってます。
普通マーベルとかDCの映画って前作や関係作を観てないと十分に楽しめないものが多いんですが、時系列を無視するxmenに限ってはそんなことはないんですね。面白そうなところから始めちゃってOKなのがxmenの良いところです。
それに純粋に楽しく観ても面白いのですが、こうやってツッコミのポイントを探していくのもまたオススメですよ。
次回はまだ未定です☆
{DDACF123-C29D-490E-AC71-4C7BF42A1222}

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です