“字幕なし”で映画を観れるようになろう!②『プラダを着た悪魔』で学ぶ実践英語

{C70C467A-A574-4158-9BC7-CC64844EFB69}
前回①の続きからセリフを追っていこう。
この動画でのミランダが到着するシーンを聞き取れるように頑張ってみよう。こちらに有無を言わさないマシンガントークなのでかなりハイレベルだ。

到着したミランダの第一声は
MIRANDA:I don’t understand why it’s so difficult to confirm appointments.
(訳:予約の確認をすることがなぜそんなに難しいのか私には理解できないわ。)
非常にシンプルで簡易な表現なので文として一度書いておけば聞き取るのは容易だとは思うが、I don’t understand why〜という文型は日常的な会話で頻繁に出てくる表現なので実は学ぶことは多い。
 ただしunderstandという言葉は圧の強い言葉なのであくまでこっちがイライラしていることを伝えたいときに使うようにしよう。「なんでお前、あいつにそんなこと言ったの?訳わからんわ」と言いたければ
I don’t understand why you said that to her.
と言えばいい。
{942A28D5-773F-4F78-BAAB-16015077EB9E}
さて次のセリフに行こう。本編ではもっと長いセリフなのだが取ってきた動画の関係上途中までとなってしまった。でも丁度良い長さなのでかえって助かる。
エミリーが『確かに予約を確認したんですが‥』とボヤいたところにミランダのマシンガントークが炸裂する。
MIRANDA:Details of your incompetence do not interest me.
(訳:長い言い訳は聞きたくないわ)
incompetenceはcompetence「能力、技量」の否定語で「無能さ」という意味だ。「Aか?Bか?」と聞いて「うん、Dだね」と答える政治家が良くいるがそういう奴のことをincompetenceと言ったりする。そんなイメージだ。
{DC1FFBC5-55B5-44B1-9B82-AB4E41BA24E6}
さて次にDetails of your incompetenceときているのでつまり「お前の無能さの詳細」というカタマリの名詞をここで構成していて、それがdo not interest meなわけだから「お前の無能さの詳細についてなんて興味がない」というわけだ。「言い訳は聞きたくない」ってところだろう。
これまたミランダらしい嫌味たっぷりな言い方で真似できるものなら真似したい所だが普通の人が言ってもただ『うぜぇ!』と言われて殴られて終わりだ。ミランダがやるからこそ許されるわけなのだからそこは肝に銘じておきたい。
MIRANDA: Tell Simone I’m not going to approve that girl that she sent me for the Brazilian layout. 
 
(訳:ブラジル特集によこしたあの子はだめだとシモーヌに伝えて。)
 
layoutは「部屋のレイアウトを変える」における「配置」のような意味のlayoutに違いないのだがここではファッション用語としてのlayoutであってその意味は「写真の配置図」すなわち「写真集」という意味で使われている。あとちなみにSimoneをサイモンと読めばイタリア人だ。
 
 
MIRANDA:I asked for clean, athletic, smiling. She sent me dirty, tired and paunchy. And R.S.V.P. Yes to Michael Kors’ party, I want the driver to drop me off at 9:30 and pick me up at 9:45 sharp.
oh‥長い‥。気合を入れていこう。
athleticは当然だがアスレチックと訳してはいけない。別に彼女はジャングルジムではないので「健康的」というような訳を選ぼう。それでpaunchy「太鼓腹の」なので愚地独歩先生の虎殺しのスタイルで覚えておこう。
{0D4A1DB5-F28F-46C9-83AA-1067E6F40904}
加えてR.S.V.P.とはなんだろうか?とにかく英語というのは多種方面の様々な言語から言葉を取り入れる言語なのだがR.S.V.P.はフランス語でRépondez s’il vous plaît(返信お願いします)という意味だ。僕にもこれぐらいのフランス語なら分かる。
{FAFD3C8C-AC45-4313-BFFC-5E10878A7059}

大体の招待状はこんなような作りになっていて参加・不参加の返信をしろと丁寧な文体で言われるわけだ。(注)彼女の言ったようにR.S.V.P.が会話の中で出てくるのは一般的ではない。彼女が言うと様になるしなにより彼女っぽいからこのようなセリフが書かれたのだろう。あまり聞かないというだけで別にこう言っても当然意味は伝わる。

 
 I want the driver to drop me off at 9:30 and pick me up at 9:45 sharp.
 
そして最後。sharp?なにがシャープなんだろうか。いいボケが思いつかなかったので普通に答えを言うと「21時45分きっかり」と訳せる。きっかりというと、まあなんかシャープなイメージだろう。1分の遅れも許さないとかそんな感じだ。
{8B1C9A24-F6E9-4E33-BCA4-1F451DB8EC5E}
さて最後にもう一度セリフを見てみよう。
MIRANDA: Details of your incompetence do not interest me. Tell Simone I’m not going to approve that girl that she sent me for the Brazilian layout. I asked for clean, athletic, smiling. She sent me dirty, tired and paunchy. And R.S.V.P. Yes to Michael Kors’ party, I want the driver to drop me off at 9:30 and pick me up at 9:45 sharp.
最初よりかは理解しやすくなったはずである。一度通しで自分で音読をしてみてもう一度動画のセリフを聞き取るのに挑戦してみよう。
それでは‥いい夢みろよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です