『オリエント急行殺人事件試写会レポ』観に行くべきか?原作を超えられたのか?

{0A9C9DB7-FC76-4987-8E10-F4B11FE099B6}

 

オリエント急行殺人事件
 
 

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。主人公の名探偵ポアロ役をブラナー、事件の被害者ラチェット役をデップ、未亡人役をファイファーが演じるほか、教授役にウィレム・デフォー、家庭教師役にデイジー・リドリー、公爵夫人役にジュディ・デンチ、宣教師役にペネロペ・クルスが配されている。
知ってのとおりアガサ・クリスティのMurder on the Orient Express」を原作に映画化されたわけで、そのメガホンを取るのは「マイティ・ソー」のケネス・ブラナー監督。いやケネスなら「ハムレット」とかあるやん、なんでソーやねんと思われるかもしれないけれど僕にとっては専ら「マイティ・ソー」のケネス・ブラナーでまあとにかく当時は数え切れないほどマイティを観まくったのが懐かしい‥。しかし今観ると見劣りしちゃうのは仕方ないと思うお。
 
{43815AAF-B6FD-4860-83FA-FB4DFBD297D0}
「オリエンタル急行」じゃないからね。「オリエント急行」だからね。それじゃカレーだからね。

さて、今作をいち早く観てみてどういう記事を書こうかかなり迷った。最近は(なぜか)理科系、数学系の映画が多くて最近の僕はそういった類の映画で登場する数式や物理法則を解説していき、少し他の人とは違った切り口で映画評論を楽しんできた。そんな癖がついてしまったので、今作を観終わったときは作品の評価、感想云々の前に何をテーマにして書くべきか迷ってしまった。

 oh‥そういえばあの列車って結局落ちずに済んだけれど、雪崩から受ける力ってどれくらいなんだろうなぁ‥そうだ!「なぜ列車は雪崩を受けて落ちて行かなかったのか?」っていうテーマで記事を書いていこう!‥と思ったりして列車の有効断面積を計算し始めたりと完全に迷走していた。だって列車が落ちてしまったら物語は完全に終了だし、いくらなんでも本編に異常なほど関係無さすぎるだろ!
無理に物理や数学に絡め、作品の矛盾点を指摘するのは僕のしたいことではないし野暮なことだから今回は単に思ったことをつらつらと述べていこうかなと。まあでも列車が落ちていかない理由を計算するのも狂ってて良いかなとちょっぴり思うのでいつか書き上げたい(千年後くらいに)。
テーマか、謎解きか
{96D82038-D243-4B98-AC5C-978164AD7515}

観に行くかどうか迷ってるんだ、結局今作はどうだったんだ!と聞かれれば僕なら「デイジー・リドリーが可愛い。あの髪型は最高だ。」と答える。間違えた。「バランスの良い映画。昼過ぎにフラッと観に行けば知的な午後になるお。」とでも答えるんだった。

原作に根強いファンのいるこの手の推理小説の実写化は特に気をつけなければいけないことがあるのだが、それがテーマと謎解き(トリック)のバランスだ。作品のトリックが凝っているだけのただの一介の推理小説ならば話は単純だが、アガサ・クリスティのポワロシリーズは主人公ポワロのその人となり、性格が作品を構成するひとつの重要な要素だ。
すなわち映画化をする上で謎解きばかりに比重を置きすぎると、ポワロの魅力的な側面が失われてしまいそれこそ名作とは呼べなくなってしまうことになる。勿論、かといって後者に比重を置きすぎてしまえば観客は「俺は結局何を観たんだ?」となる。悲しい。
{57A26B75-0D6E-4C4D-B026-DCF533516480}

「変なお顔ね。探偵さんってみんなそんなお顔してるの?」って言われてたけれど抜群にカッコいいケネス・ブラナー。ガッキーが可愛くないっていう設定の役をやっていた逃げ恥と同じ匂いを感じる(多分違う)。

 

その点、本作はひじょ〜にバランスが良い。謎解きのテンポもトントンと軽快に進んでいき心地が良いと感じた。それに俳優陣の演技が上手いので細かなストーリーが掴めなくても何が起こっているか簡単に掴めるはずだ。だけどそれでもこれ多分原作を読んでない人には厳しい。完璧に理解するためには予め読んでおかないといけない。今作だけで「よしわかった!」と膝を叩けるにはIQ170くらいが必要☆
「あなたの顔が嫌いだ」というお約束の名台詞がきっちり組み込まれていたり、時々フランス語を口にするポワロを良くケネス・ブラナーは演じていた。本当にケネスの訛りは上手い、ベルギービールが飲みたくなったほどである。
でもねぇ‥苦言を呈するならきっと原作ファンには心足りないだろうなぁと思ったのも事実でして。小説も完璧に読み込んで、名探偵ポワロシリーズも1976年版の「オリエント急行殺人事件」も制覇しダヴァイッッ!!(来い!!)ってなってる人には物足りないと感じるかもしれない。その理由を少し考えてみたい。
{85F8BAA4-7352-4A47-8599-216C69BDBEC6}
ダヴァイってなってるシコルスキーの図
 
 
視覚に訴えるオリエントへ
 
{B57A3BB5-90B3-4346-A2C5-CD594ABC4F65}

全員が犯人だったというのが今作の結末で、最終的にポワロは彼等全員を罪に問わない‥というか罪に問えないyo!‥となったところで話は終わる。流石にこのオチは変えたらまずい。普段満室じゃない車両が不自然にも満室だったというだけでこのオチを予想しろという記事を前に読んだがそれは無理だろう!笑プロフェッサー並のミュータントじゃなければそれは不可能だ。最後のポワロの推理を説明していくクライマックスシーンがやはり今作最大の見どころで乗客と一緒に固唾を呑むことになるシーンだろう。

ポワロは最後、犯人らの背後にあった事件のことを考慮すると何が正義で、何が正しいことかが分からなくなってしまう。正義のジレンマに苦しんだ彼が最終的に彼の出した結論は‥‥思い出してもらう通りである。
{1D5F5E51-FAE1-495B-BBC5-96F5B9B96C1A}
しかしこれ、映画だと”あのポワロがアンバランスさを享受した”というのが全面的に表現されていたわけであったがもう一歩深く掘り下げることができたのではないだろうか?
僕が今作を観る前からもっているポワロのイメージは自分が絶対に正しいと信じて疑わず、絶対に殺人を許さないという強い信念を持った探偵というイメージで、この点から言うとアンバランスさの享受というだけではなんとも弱くインパクトに欠ける。僕が一番に表現して欲しかったのはその一歩先‥つまり絶対に殺人を許さないであろうポワロが殺人を享受してしまった‥ということでそこを丁寧に描写することが出来れば少なくとも厚みのある物語にはなったかもしれない。分かるかい、モナミ?
{B7DC61D5-C96C-4940-B0EE-F621D29AFC99}

ここで唐突のImagine Dragons

でもねぇ、それでも結局二番煎じであることは変わらない。原作やドラマで形成されたポアロ像をただ踏襲するだけではリメイクする意味が無いってものよねぇ( ´Д`)y━・~~
まあでもストーリー構成的な部分は隅っこに置いておくとして、カメラワークやその視覚効果的な部分はやべぇ上手かったと思いますよ(語彙力)。殺人が発覚したときに列車に座っていた全員の顔をワンカットで流れるように撮っていったり、最終場面では「最後の晩餐」のように容疑者を全員一列に並べてみたり、全員の頭が映るような上からのカットを時々挿入したり、と新鮮な映像表現の玉手箱や〜ってなってましたから本当にその点は凄いんのyo!お洒落なの、要するに。
{4F970279-4457-4E25-9A34-1473AAD5D4EA}

「ナイルに死す」、期待ですねぇ。

だから簡単にまとめると、さっき言ったように原作読み込んで来てダヴァイ!!!ってなってる人はきっとう〜んとなってしまう。ダヴァイだめ、絶対。
でも映像美やそのエンターテイメント性とかが期待できるので、たとえばデートとかで「ほら、オリエント急行なんか良いんじゃないかな?」とでも言えば良いんじゃないんですか?(半ギレ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です